つらい性被害に支援の輪 自治体により対応の差も

福岡県の「性暴力被害者支援センター・ふくおか」は女性だけでなく、男性や性的少数者の相談も受け付けている

福岡県の「性暴力被害者支援センター・ふくおか」は女性だけでなく、男性や性的少数者の相談も受け付けている

「どこに話せばいいか分からない」。性暴力被害に遭ったとき、都道府県にはワンストップ支援センターが設置されている。専門の相談員がいて、必要に応じて警察や病院につなぐ。弁護士の紹介も受けられる。心身に深刻な影響を与える性被害は早期の支援が重要だが、自治体によって対応に差があるなど課題も大きい。

■年中無休で24時間受け付ける名古屋の「救援センター」

愛知県の「性暴力救援センター 日赤なごや なごみ」は名古屋第二赤十字病院の中にある支援センターだ。24時間365日無休で相談を受け付け、診察や体液の証拠採取、緊急避妊などの処置にあたる。

女子中学生のAさん(14)は3年前、顔見知りの少年に物陰に連れ込まれ、性器を触られ傷つけられた。ショックで誰にも言えずにいたが、昨年、母親に打ち明けた。眠れず、学校に行けなくなった。心から笑えなくなり、夜中に「死にたい」と泣き続けた。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症していた。

今年3月に母と「なごみ」に行き、3カ月の入院で徐々に落ち着いた。「事件後、心に色がなくなったようだった。でも怒りたいときに怒って笑いたいときに笑えるようになった」。女医に体を診察してもらい「もうどこも傷ついていないよ」と言われ、安心した。今も精神看護専門看護師による面談が続く。「多くの人が支えてくれていると実感する」

Aさんの母は「なごみ」に行く前、地元の別の支援センターに電話していた。だが夜は開いていない上、家から通える病院は案内してもらえなかった。警察との連携も薄かった。自ら調べて訪ねた精神科医には「なぜ娘に『秘密にしておこう』と言わなかったの」と心ない言葉を突きつけられ、その場で泣き崩れた。

今は娘の未来に希望を持てる。治療を続ければ毎日学校に行けるようになるし、いつか恋愛もできる。「親に言えなかったことも打ち明けられる。なごみは何を話しても安全な場所」。弁護士を紹介してもらい、加害者の提訴も検討中だ。

■都道府県に最低1カ所の支援センター 夜間対応が課題

性暴力被害者支援センター・ふくおかは24時間365日、相談を受け付けている

画像の拡大

性暴力被害者支援センター・ふくおかは24時間365日、相談を受け付けている

福岡県の「性暴力被害者支援センター・ふくおか」も手厚いサポートが受けられる。緊急避妊薬の処方、性感染症の検査や治療、中絶にかかる費用は公費で賄う。弁護士への法律相談も1回目は無料。「未成年者や経済的に困窮している被害者も多いので無料と伝えると安心してもらえる」と相談員の浦尚子さん。県内の35の病院と提携し、診察には相談員が付き添う。

国はワンストップ支援センターを都道府県に最低1カ所は設置するよう求め、2018年に実現した。だが対応には地域差がある。性暴力根絶に取り組むNPO法人、しあわせなみだの中野宏美理事長は「機能が不十分なところもある。予算による差も大きい」と指摘する。

内閣府によると昨年6~8月、相談件数が201件以上あったセンターは10カ所。千件以上もあった。反対に50件以下は11カ所。「夜間の相談ニーズをくみ取れていない」(内閣府男女共同参画局暴力対策推進室の吉田真晃室長)。相談の3分の1は17時から翌朝9時の間に寄せられていた。性被害は夜に起こりやすいこともあり、夜間に対応できるかは重要になる。

年中無休で24時間受け付けているのは半数以下の20。地域差をなくそうと、政府は夜間休日のためのコールセンターを来年度中にも設置する方針だ。

人手や予算の確保は全国共通の課題になっている。相談員は被害者の心身両面への配慮が要る難しい仕事だが待遇は良くない。「なごみ」で3月までセンター長を務めた片岡笑美子さんは「支援にかかわる看護師も足りない。今後は人材の育成も重要」と話す。さらに「証拠採取や面談などの支援に診療報酬を加算してほしい」と訴える。

■男性や性的少数者の被害も

 被害に遭うのは女性だけではない。「性暴力救援センター 日赤なごや なごみ」のセンター長で泌尿器科の山田浩史医師は「児童養護施設で男児が性暴力を受けるなど、男性の被害も多いことが分かってきた」と言う。家庭内での性虐待や、上級生が下級生を性的にいじめる例もある。
 「性暴力被害者支援センター・ふくおか」は男性や性的少数者の相談にも対応。知的障害者の被害もある。「性暴力が認知され、表に出なかった被害が発見されるケースも多い」(相談員の浦さん)
 性被害当事者でつくる一般社団法人Springの山本潤代表理事は「英ロンドンには3カ所の支援センターがあり、1つは10代が対象。日本もいずれ専門分化していくことが大事だ」と話す。性被害は長期にわたり心身に傷を残すとされる。「中長期的な支援も必要」と課題を挙げる。
 政府は22年度までの3年間で性犯罪・性暴力対策を集中的に強化すると打ち出した。支援センターは各地で被害者を支える中核になる。橋本聖子女性活躍担当相は「相談内容を分析して今後に生かすことが重要。性暴力をなくすための教育や啓発も同時に進めていく」と対策に力を入れる。

(生活情報部 関優子氏)

「死にたい」「居なくなりたい」って思ったことはありませんか?
https://note.com/kokoro_sukui/n/n8a0866a6ac61

低学年にも読み聞かせ 子どもの知的好奇心を広げる

知的好奇心が広がる時期だからこそ、低学年にも読み聞かせを(写真はイメージ=PIXTA)

知的好奇心が広がる時期だからこそ、低学年にも読み聞かせを(写真はイメージ=PIXTA)

日経DUAL

新2年生の男の子の母で、読み聞かせをライフワークにしているフリーアナウンサーの白崎あゆみさん。今回のテーマは、「小学校低学年の読み聞かせ」です。「小学生に上がったし、字も読めるようになったから、もう読み聞かせをしなくてもいい?」と思う人もいるかもしれませんが、知的好奇心が広がる時期だからこそ、読み聞かせが有効と白崎さんは指摘します。

読み聞かせ、卒業のタイミングは子どもが決める

読み聞かせに関して、小学校低学年の子どもがいる親からよく聞かれるのは、「小学生になったのだから、もう親が本を読んであげなくてもいいですよね?」という質問です。

その背景には、どうやらいろんな葛藤があるようです。あわせて読みたいクックパッドの絵本 読み聞かせで食育新型コロナ抑止 外出控え、手洗い徹底

「親が代わりに読むと、子どもの読む力を伸ばしてあげられないのでは?」と、子どもの成長のためにあえて控えている人。「小学生になったのだから、字が多い本を読んでほしいけど、そういう本を読み聞かせするのは親が大変」と選書でつまずいている人。「宿題のフォローだけで忙しくて、とても時間がありません」と余裕がなくなっている人……。

かくいう私も、現在小学2年の子の母。昨年、息子が小学校に入学したときは、生活が一変して、あたふたしていたので、皆さんの葛藤はとてもよく理解できます。

確かに、小学生になると、音読や読書カードの記入など、自分で本を読む宿題が出始めます。また、宿題を見てあげる時間だけではなく、日々持ち帰るプリントの確認、毎日の持ち物チェックなど、未就学児よりも手がかかる!と嘆きたくなるときもあるでしょう。

今までは親が代わりにやればよかったけれど、小学生になると自分でやるように促すのが親の役目。いわゆる伴走者にならないといけない苦労があります。慣れない生活で、親も子どももてんてこ舞いになり、その結果、読み聞かせをやめてしまう人は少なくないようなのです。

ただ、読み聞かせは子どもの成長や個性を発見するいいきっかけになり、自己肯定感を高める手段にもなる、とても有意義な機会。また、親子の関係性向上にも役立ちます。

もし、お子さんが「これ読んで!」とお願いしてくるのであれば、それは、まだ読み聞かせを欲している証し。毎日読み聞かせをしなくてもいい。忙しかったら、たった5分でもいいので、今までのように「読み聞かせ」の習慣をストップしないでほしいのです。

なぜなら、読み聞かせの卒業は、親ではなく子どもが決めるものだから。

私自身、余裕がなくて断りたくなるときもあります。でも、そんなときに自分に言い聞かせているのは、「抱っこと一緒!」というフレーズです。そう、読み聞かせは、抱っこのようなものなのです。

きっと、皆さんもお子さんに「抱っこ、抱っこ」とせがまれていた時期は、「重いから大変」「早く降りてくれないかな」と思っていたのではないでしょうか。でも、それも過ぎ去ってしまえば、懐かしい思い出になっていませんか?

考えてみれば、子育ては「卒業」の連続です。ふと気がついたら、抱っこと言ってこなくなった。膝に乗ってこなくなった。親を探さなくなった。一人で食べられるようになった。そうやって子どもは巣立っていくのでしょう。

読み聞かせも同じだと思うんです。きっと、そのうち「読んで!」とは言わなくなる。であれば、「読んで!」とお願いされるうちが華。だから、私は断る前に「今日が最後かもしれないぞ!」と思って、できる限り、応えるようにしています。

本の推奨年齢は気にしない!

字が読めるようになって、自分の世界がどんどん広がってくる低学年の今こそ、読み聞かせで心掛けていることが2つあります。1つ目は、子どもの希望を聞くこと。2つ目は、子どもと一緒に面白がることです。

だから、選書についても深く悩みません。本の裏表紙に「5歳から、自分で読むのは小学生から」などと推奨年齢が書いてありますが、実は全く参考にしていません(笑)。なぜなら、本人の興味関心や成長段階に合わせるものだと思っているから。

皆さんも、子どもの発達において、標準ってあまり当てにならないと感じませんか? だって、赤ちゃんのときからそうですよね。「何カ月になったら、寝返りができる、ハイハイをするようになる」と言われますが、実際は、その子それぞれです。

私も子育ての最初の頃は、標準通りに子どもが成長していないことが不安で不安で、いろんな育児書を読みあさっていました。「完璧に子育てしたい」という気持ちがあったからです。でも、どんなに育児書を読んでも、そこに答えはなく、本人を見るのが一番正解だなと思いました。その考えは今でも変わっていません。

子どもが図鑑を「読んで!」と持ってきたときは、どこを読んだらいいのか迷ってしまいました。そこで、「どこを読んでほしいの?」と聞いてみたところ、小さい囲みの解説を読んでほしいと言うのです。漢字が多くて読み進められなかったけれど、知りたい、という気持ちがあったのでしょう。

もしあの時点で私が読み聞かせを断っていたら、図鑑を眺めていて芽生えた好奇心が膨らまずにしぼんでしまったのかもしれません。子どもの好奇心の芽を大事に育てていくためにも、これからも「いつでも読むよ」というメッセージを発信し続けたいと思った瞬間でした。

上から目線はNG 一緒に面白がること

もう一つ心掛けているのは、一緒に面白がることです。

先日、息子が「読んで」と持って来たのは漫画でした。「漫画を読み聞かせるって?」と戸惑いつつもチャレンジしてみたところ、とても面白くて。文章だけの本よりも話者が分かりやすいから、登場人物になり代わって声色を変えてみるなど、いろいろと工夫の余地があり、意外と読み聞かせに向いていることが発見できました。読み聞かせの新ジャンルを開拓した気分です。子どもと同じ目線で、一緒に面白がるスタンスでいると、自分にとっても発見や学びがあるようです。

思えば、私は「子どものために読もう」と考えたことが一度もありません。本が好きなので、いつも「一緒に楽しむ」というスタンスを貫いているのですが、どうやら「上から目線」にならないことは、子どもの自主性を育むきっかけにもなっているようです。

いろいろな本を読み聞かせながら、私がいつも「わあ、面白いね!」「知らなかった!」「すごいね~!」などと新鮮な反応を示すので、息子は、「お母さんって子どもみたい」「何も知らない人」などと思っているようです。でも、子育てにおいては、親は子どもに頼りなく思われているくらいでちょうどいいのでは。息子は、「自分が親を助けなければ」という使命感を抱いているらしく、先日の夜、仕事から帰ってきたときには、「お疲れさま」と、紅茶とケーキを出していたわってくれました。

長編、伝記…親が読んであげれば子の読書の幅がさらに広がる

小学生になってからも親が読み聞かせを続けるメリットは、子どもの読書の幅が広がることにもあると思います。わが家では、選書は基本的に子どもに任せているのですが、その際、親に読んでもらえるという安心感があると、子どもはいろんなジャンルの本に挑戦できるようです。

将来、宇宙飛行士になりたい息子は、以前から宇宙が大好き。学校の図書館で『ガリレオ・ガリレイ』の伝記を借りてきて読み聞かせをしたことがきっかけで、伝記好きにもなりました。

もし、本人の読解力に合わせて選書していたら、字の少ない絵本だけ選んでいたかもしれません。長編を読み聞かせするのは大変ですが、「毎日10ページだよ」「今日はここまでだよ」とあらかじめ子どもに伝えたら、最後まで読まなくても子どもは納得します。日が空いてしまったときに読み始めを間違えたら「そこじゃない!」と指摘されたことも。案外、子どものほうが内容を覚えているもの。ぜひ、子どもと一緒に親も面白がって、いろんな本を読んであげてほしいですね。白崎あゆみ

1981年生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒、アビームコンサルティングを経て北陸放送でアナウンサーとして10年勤務。出産後はコーチングに転向。TCS認定プロフェッショナルコーチ、マザーズコーチングスクール認定トレーナーの資格を取り、コーチングセッションや、保育園・幼稚園向けのナーサリーコーチングなどを行うほか、企業のリーダー研修やキャリアデザイン研修などの講師としても活躍。金沢市在住。

(取材・文 児玉真悠子、写真 遠藤素子)

20代・30代女性が「社会起業家」になった理由

自分らしいやり方で、社会の問題に前向きに挑み、「やりがいがあって楽しい」と自身の仕事を語る社会起業家の女性たち。自分が好きなことで社会の役に立つ──。インタビューを通して、そんな新しい働き方に注目します。~自閉症の子どもたちと家族をサポート~

学生時代のアルバイトがきっかけ、自閉症の子どもの療育を開始

ADDS共同代表(理事) 熊仁美さん(30歳) (写真:小野さやか)

「ずっと話せなかった自閉症の子どもが言葉を発したり、今までできなかったことができるようになったり。彼らの新しい可能性が生まれる瞬間に立ち会える。その喜びが、一番の醍醐味」あわせて読みたい若者の起業、意外と多い成功例 その理由は?さらば大企業 野心燃やす起業家たち

そう話すのは、自閉症などの発達障害の子どもと保護者に向けた早期療育プログラムを実施する「ADDS」共同代表の熊仁美さんだ。「日本では100人に1人の割合で自閉症児がいるとされています。でも、アメリカなどに比べてサポート体制が機能しているとはいいにくく、親同士が個別に勉強会などを立ち上げている状態なんです」

起業のきっかけは、心理学を学んでいた大学時代に始めた自閉症児療育のアルバイト。「1週間で10家庭を担当するほどの忙しさ。需要の多さに驚きました」。ニーズに対応すべく同じゼミの仲間と発達障害支援会を作り、大学院進学後も精力的な活動を続けた。“いつかこれを仕事にしたい”と思いながらも踏み出せずにいたが、「なぜか一緒に起業を模索していた(現・共同代表の)竹内とそろって博士課程進学の願書を出し忘れた」ことが起業への背中を後押しした。前向きに療育に取り組む姿勢や、明確な成果が評価され、親の会の満足度アンケートでほぼ満点の高評価にメンバーと共有している思いは「心から楽しむ」こと。そのため、何でも遠慮せず指摘し合う仲。職場には、今年初めて男性の新入社員が2人入った

当初は机上の理論にこだわりすぎたことも。「自分本位の支援ではダメ。それぞれの家庭や子どものニーズを満たすことで喜んでもらえるし、本当に社会に役立つ仕組みになる。経験の中でそう学びました」

いつしか“社会全体を良くしたい”という視点も芽生えた。「自治体と連携しながら、発達障害のお子さんが誰でも早期に療育システムを受けられるような社会を目指したいです」

熊さんに4つの質問
Q. 起業のきっかけは?
療育セラピストのアルバイトを経験し、需要の多さを感じていたため、友人と一緒に事業を立ち上げた。
Q. 活動を通じて自分が変わったことは?
周りのためという視点から、広く“社会全体をよくしたい”と考えるように。
Q. 心がけていることは?
自己満足の支援にならないようにする。相手のニーズに合ったものを提供してこそ、本当に喜んでもらえる。

~化粧品で貧困層の女性を支援~

“化粧”が持つ力で女性たちを元気にしたい

Coffret Project代表理事 Lalitpur(ラリトプール)社長 向田麻衣さん(31歳)

途上国への支援といえば、インフラの整備や教育をイメージする人は多い。しかし、向田麻衣さんが行う支援の形は“化粧”による心のケア。ネパールで人身売買の被害女性たちにメイクのワークショップを行うとともに、ネパール産の原料を用いたコスメブランド「Lalitpur」を展開。メンタルケアと雇用促進の両面からサポートを続ける。

「心に傷を抱え、無表情になってしまった女性たちがいます。けれどもメイクをすると、その顔が生き生きと輝きだし、自信を取り戻すのを見て私自身も本当にうれしかったんです」

高校生の頃、途上国の現状に衝撃を受け、ボランティアとしてネパールを訪問。そして、大学時代にトルコで聞いた「お化粧をしたい」という女性の声が活動の発端となった。化粧品メーカーを経て09年に独立。化粧品を途上国の女性たちに届け、ワークショップを実施する「Coffret Project」をスタートさせる。その後、ネパールの女性たちの雇用を増やそうと、ネパール発のナチュラルコスメブランド「Lalitpur」を立ち上げ、ネット販売する。ネパールの女性たちに対してメイクを行い、定期的なメンタルケアのワークショップを開催しているネパールのワイルドハーブや岩塩を原料にしたコスメ「Lalitpur」

「目がうつろな少女が、化粧をした後に自分の顔をしっかりと見るようになったり、内気でほとんど話さなかった少女がスタッフや他の女の子たちと話すようになったりと、短い時間のなかでも彼女たちの振る舞いに変化が起きています」

今は日本とネパールを忙しく行き来する日々。施設での愛称は、“麻衣ディディ(お姉さん)”。「私の心が乱れていると皆にも影響するので、どんなことがあっても毎日気持ちを整えてから向き合います」。これからも彼女たちが誇れる仕事をたくさんつくりたいと話す。

向田さんに4つの質問
Q. 起業のきっかけは?
15歳のとき、ネパールで支援活動を行う高津亮平さんの話に感銘を受けて。
Q. 活動を通じて自分が変わったことは?
困難なことや問題が起きても、すぐに気持ちの切り替えができるようになった。
Q. 心がけていることは?
自分の精神状態がネパールの女性たちの繊細な心に影響するので、常に穏やかな気持ちでいられるようにしている。

~ケニアのバラ購入を通じて雇用を支援~

大手製薬会社から起業家に転身 目指しているのは対等なパートナーシップ

Asante 代表取締役 萩生田愛(はぎうだめぐみ)さん(32歳)

赤道直下の国、ケニア。標高が高く、朝晩の寒暖差が激しいこの国は、世界的なバラの産地でもある。そんなケニアのバラをネット販売し、現地の雇用促進につなげているのが「アフリカの花屋」代表の萩生田愛さんだ。

「ケニアの貧困家庭では子どもが働き、学校に行くこともできません。親の雇用を増やすことで、この悪循環を断ち切りたい」

大学時代に授業で途上国の貧困に向き合い、「いつか必ず訪れよう」と心に決めた。帰国後は、大手製薬会社に入社。世界を舞台に飛び回り、充実した20代を過ごしていたが、転機は7年目に訪れた。勤務先が“途上国に薬を無償提供するプロジェクト”を始めたことで、「置き忘れていた」思いが再燃。悩んだ末に退社し、29歳でケニアに渡ったが、「援助慣れ」した人々の姿を目にし、ボランティアの在り方に疑問を抱く。現地を訪問したときの写真。「彼らと親睦を深めて信頼関係を築くのが目的。ケニアと日本との架け橋になれればうれしいです」ケニアの鮮やかで大きなバラ。生命力が強いのが特徴。「2週間以上持つという声をいただいています」

「自立を促すには、与えるだけでなく、収入を得られる道を作らないといけない。そう痛感しました」

目に留まったのは、日本では珍しいケニアのバラ。「大きく鮮やかな花を咲かせるバラは、もらった人の心も幸せにする」。萩生田さんは少ない本数でも販売してくれる業者を探し、帰国後にオンラインストアでの販売をスタートさせた。

「ケニアのスタッフは皆、同じ目的を共有する仲間であり、夢をかなえる手伝いをしてくれる大切なパートナー。雇う側、雇われる側ではなく、対等な仲間だと考えています」。彼らと一緒に、ケニアのバラで世界の人の笑顔が増えることを目指している。「今が一番幸せです」

萩生田さんに4つの質問
Q. 起業のきっかけは?
ケニアの人々が経済的に自立をするためには、働き口をつくり出すことが必要と考えた。
Q. 活動を通じて自分が変わったことは
会社員時代もすべてが満たされていたが、今の方が心が豊かになったと思う。
Q. 心がけていることは?
文化の違いによる困難も多いが、どんなときでも対等なパートナーとして、話し合って解決する。

(ライター 西尾英子)

女性社会起業家コミュニティ ミライ・ソサエティー
これは、私のフェイスブックで「女性社会起業家」を支援するコミュニティとして開設しました。
始めたばかりなので、まだ得意のジェンダーギャップ指数しか話題はないですけど、是非ご参加ください。